AREX サイトマップ お問合せ

会社概要 製品 ソリューション 録音・音声編集 受託設計 お問合せ 採用情報
トップ 製品情報 パラライター ML22808 / ML22Q58
製品情報TOP
音声分析編集ツール
OTP内蔵音声LSI書き込みツール
デモボード・コントロールキット

製品情報

パラライター ML22808


サイズ 210X 130 X 30(mm)
電源電圧 AC 90ー240V (専用ACアダプター使用)
消費電力 約 1.5 W max
重量 約**kg (本体のみ)
付属品 専用ACアダプター
動作温度 0℃〜50℃
湿度 85%max(結露無き事)
粉塵 事務所内程度
スプリアス
内蔵スピーカ 本体裏側に内蔵
書き込み数 1〜5個同時
機能 ブランクチェック
書き込み&ベリファイ
PCコントロール
書き込み時間 約4秒



 書き込み手順
A.PCコントロール
  1. Emu22808 などを使用してML22808用のマスターデータとなる音声データを作成する。
  2. PCとパラライタをUSB接続して電源を入れ、パラライターコントロールソフト'Para22808'を起動し、マスターデータをパラライタのDataBufferに送ります。DataBufferランプが発光し、マスターデータがDataBuffer内にあることを表します。
  3. 必要個数のML22808をソケットに装着する。
  4. 'Para22808'を操作してパラライタのDataBuffer内にある音声データをML22808に書き込みます。

B.スタンドアローン
  1. Emu22808 などを使用してML22808用のマスターデータとなる音声データを作成する。
  2. PCとパラライタをUSB接続して電源を入れ、パラライターコントロールソフト'Para22808'を起動し、マスターデータをパラライタのDataBufferに送ります。DataBufferランプが発光し、マスターデータがDataBuffer内にあることを表します。
  3. 必要個数のML22808をソケットに装着する。
  4. パラライターの操作ボタンProgramを押して書き込みます。

■DataBufferのデータは電源をOFFしても保持されます。同じデータを後日書き込み行う場合に有効な機能です。データが保持されている時には、電源ONでDataBufferランプが発光します。データの内容を知りたい場合には、実際にパラライタを起動して内蔵スピーカで音声再生して確認することができます。
パラライタML22808での音声再生は、音質評価には適しておりません。別途評価ボード、ターゲットボードで行ってください。☆

表示など
電源ランプ : 発光して電源ONを表す。
DataBufferランプ : 発光してDataBuffer内にデータが在る事を表します。
ソケットランプ : 発光中は書き込み中を表す。発光中の着脱は禁止。点滅発光は書き込みのエラーを表す。エラー時には、エラー音「ピーピーピー」が点滅発光に同期して鳴る。点滅発光中は着脱可能。




パラライター ML22Q58



サイズ : 160 X 300 X 55(mm)
電源電圧 : AC 90ー240V (専用ACアダプター使用)
消費電力 : 約 ** W max
重量 : 約**kg (本体のみ)
付属品 : 専用ACアダプター
動作温度 : 0℃〜50℃
湿度 : 85%max(結露無き事)
粉塵 : 事務所内程度
スプリアス :
内蔵スピーカ : 本体裏側に内蔵

書き込み単位 : 1〜5個同時書き込みできます。
機能 : ブランクチェック→書き込み実施→ベリファイ(→書き込みデバイスの音声再生)
書き込み時間 : 約15秒

書き込み手順
A.PCコントロール
  1. AR207 などを使用してML22Q58用のマスターデータとなる音声データを作成する。
  2. PCとパラライタをUSB接続して電源を入れ、パラライターコントロールソフト'Para22Q58'を起動し、マスターデータをパラライタのDataBufferに送ります。DataBufferランプが発光し、マスターデータがDataBuffer内にあることを表します。
  3. 必要個数のML22Q58をソケットに装着する。
  4. 'Para22Q58'を操作してパラライタのDataBuffer内にある音声データをML22Q58書き込みます。

B.スタンドアローン
  1. パラライターの操作ボタンDataを操作して、書き込み済みのML22Q58(マスターデバイス)からデータを読み込み、パラライタML22Q58のDataBufferに格納する。
  2. 必要個数のML22Q58をソケットに装着する。
  3. パラライターの操作ボタンProgramを押して書き込みます。

■DataBufferのデータは電源をOFFしても保持されます。同じデータを後日書き込み行う場合に有効な機能です。データが保持されている時には、電源ONでDataBufferランプが発光します。データの内容を知りたい場合には、実際にパラライタを起動して内蔵スピーカで音声再生して確認することができます。
パラライタML22Q58での音声再生は、音質評価には適しておりません。別途評価ボード、ターゲットボードで行ってください。☆

表示など
電源ランプ : 発光して電源ONを表す。
DataBufferランプ : 発光してDataBuffer内にデータが在る事を表します。
ソケットランプ : 発光中は書き込み中を表す。発光中の着脱は禁止。点滅発光は書き込みのエラーを表す。エラー時には、エラー音「ピーピーピー」が点滅発光に同期して鳴る。点滅発光中は着脱可能。